2010年10月20日

言ったことにだけしか対応しない若手への対処法

今週も、「入社1年目〜3年目くらいまでの若いメンバー」の
育成を担当している若手リーダー向けに、今置かれている現状で
の問題点や課題を解決するためのヒントをお届けいたします。
参考にしていただけたら嬉しく思います。

それでは、今週号、さっそく始めましょう!

==========================================================
 ★☆若手リーダーから頂いた相談レター☆★
 頼んだ仕事が出来たというので見てみると、「例えば、こう
 いうことをまとめてほしい」と言ったそのことだけが書かれ
 ているということが頻繁に起こる。
 「もっと考えてくれよ」と再提出してもらっても、「それ以上
 考えられませんでした」とすぐにギブアップしてしまいます。
 こういう場合どうしたよいでしょうか?
==========================================================
言われたことしかやってこない・・・というケースですね。

この問題は、思考行動特性にもよりますが、上記のような場合は
まず、『考えるということはどういうことなのか?』ということ
自体が分かっていないことが多いです。

上記の相談レターの中にあったように、「例えば、こういうこと
をまとめてほしい」と言った、具体的に示したことについては、
そのまま対応できているようですが、そこから先、どうしたら
良いのか、何をしたら良いのかが分からないのです。

皆さんは、自分が何かを「考える」という時、どのような
ステップを取っているでしょうか?

日常的に「考える」ことをしている人にとっては、無意識で行わ
れているステップなのですが、日頃から「考えていない」人には、
そのステップ自体が見えていない(知らない)わけです。

もし、部下が、「もっと考えてくれよ」・・・という指示に対応
できないことがわかったら、具体的にどのようなステップで仕事
を仕上げていったらよいのかまで踏み込んで教える(指示を出す)
必要があります。

「そんなことまでやらないとダメなの・・・?」
と思われるかもしれませんが、そこまでやらないと、いつまでも
「考えてみましたが、それ以外の案は考えつきませんでした」と
すぐにギブアップしてしまうことがずっと続くでしょう。

自分のものさしで考えてしまうと、余計な期待外れを招きます。

ア┃プ┃ロ┃ー┃チ┃     考えるステップを示そう
━┛━┛━┛━┛━┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【1】「もっと考えろよ」・・・では何も解決しない。

【2】日常的に「考える」ことをしている人の無意識の
   ステップを具体的に示して行動を細分化しよう。
   
【3】「聴くスキル」を活用して、相手の「考える力」
   を高めるアプローチが向いているタイプもある。
                          ■□■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まずは、相手を変えようとするのではなく、自分自身の考え方
やアクションを変えてみるという発想がとても大切です。

「事象」⇒「認知」⇒「感情」⇒「行動」という流れを

ご紹介したことを覚えていらっしゃいますか?

相手の行動は相手の感情が生み出しています。
それがわかると打つ手が変わりますね。

その他、「考える」というステップについては、過去の
ニュースレターで何度も、さまざまな観点から解説して
きました。

下記のバックナンバーがありますので、ぜひこちらも
ご参照ください。

2009年11月 4日号「考える力」について
2009年11月25日号「考える力」をつけるのに思考プロセスは『最適』
http://archive.i-leader.jp/archives/200911-1.html

2009年12月 2日号 思考整理に有効なシンプルな奥義とは?
2009年12月 9日号「考える」上で重要な三原則とは?
http://archive.i-leader.jp/archives/200912-1.html

それでは、また来週!
ファシリテーター:加藤

----------------------------------------------------------
リーダーとして、自分自身やチームメンバーの現在地を知らなけ
れば、目的地には辿り着けません。FUJICOの各種診断は、
自分自身の現在地を知る上で、とても重要です!
         ↓   ↓   ↓ 
─────────────────────────────
◆効き脳診断
----------------------------------------------------------
一人ひとりが仕事での成果を創出するためのカギを明らかにし、
リーダーである自分とチームメンバーの明日からすべき行動を
導き出します。
http://i-leader.jp/kikinou.html?tc=ml

─────────────────────────────
◆EQI診断
----------------------------------------------------------
自分が本来持っている能力・実力を、仕事で存分に発揮できる
ようになるための「あなたに必要な行動」を見つけ出すことが
できます!
http://www.i-leader.jp/eqi.html?tc=ml

─────────────────────────────
◆CHEQ診断
----------------------------------------------------------
アルバイト・パート社員の採用時に、「ストレス耐性」「主体性」
「仲間との連携協力性」等、仕事への適性を見極めることができ
るチェックテストです。
http://www.i-leader.jp/cheq.html?tc=ml
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41546860

この記事へのトラックバック
bnr_inquiry.png