2010年04月14日

一人で突っ走ってしまいがちのメンバーへのアプローチ方法とは?

おはようございます!
フジコーポレーションの加藤です。

メンバーとコミュニケーションを進めていくにつれて、
一人ひとりの個性が見えてきましたか?

それとも、まだお互い遠慮している状況でしょうか?

個性が見え始めたときに どう関わっていくかという
最初のタイミングがとても重要ですね。


ではさっそく、今回頂いたご相談にお答えしていきましょう。


今回は・・・

「やる気があるのはいいことだが、一人で突っ走ってしまい、
 周囲の状況を省みないメンバーへの働きかけ方が分からない。」

というご質問を頂きました。

まず、傾向的には、
『一人で突っ走ってしまい、周囲の状況を省みない』と
いう行動は、20代前半の若年層メンバーに多いでしょう。

あなたの職場ではそのようなことはありませんか?


これは、若年層メンバーの一生懸命さが 狭い視野の中に
集中してしまうためですが、本人はそれに気付いていない
ことが多いようです。

ですから、本人が、まずはどのような認識でいるかを
問いかけて確認してみることが基本です。


まず、
本人はそうした状況をどのようにとらえているか?

そして、
それに気付いていたか? を聴いてみることです。

それも問いつめたりするような雰囲気ではなく、
自然体の対話で聴いてみましょう。

すると、まったく気付いていなかったことがわかる
と想います。


本人に「そうした状況が好ましいかどうか」・・・と、
自然体で対話すると、「好ましくない」ということを
自分で 冷静に振り返ることができます。

実はこの「自然体で」というのが、多くの方が苦手と
しています。

メールでのコミュニケーションが多くなったことで、
言葉そのもの以外の(五感等で体感できる)要素を
活用した自然体の暖かい対話の仕方が不得手になって
いるように感じます。

実際そうした暖かい対話が職場で激減しているように
感じていますが、このニュースレターをご覧のあなたは
すでにそうした暖かい対話ができていらっしゃることと想います。

ぜひ、回りの若手に向けて、そうした対話を広げて
素直に自分の状況を自分で振り返ることができる
きっかけを創ってさしあげてください。


不思議に、こうした状況のとき、
「いきなり叱ってしまったり」すると、本人が
冷静さを失って、逆効果になりやすいのです。

その他、「もっと広い視野で見ろ」と説教しても、
まだ、広い視野とは何か? ということさえ具体的に
イメージできないことが多いようです。

具体的にイメージできるようにするには、
ハーマンモデル(効き脳ABCD)のタイプ別に
対応方法を変えて、自分の行動が他にどのような
影響を及ぼしているのかを具体的に理解・納得
できるように話を進めてあげることが必要です。


上記の汎用対応がうまく当てはまらない場合や、
直面している個別ケースごとに相談したいという
場合は、ご遠慮なく 私、加藤宛にご連絡ください。


参考までに・・・
『一人で突っ走ってしまい、周囲の状況を省みない』
という状況は、状況対応型リーダーシップ理論を
応用発展して考えてみると、以下のように整理できます。

【やる気:高い】×【部下の発達度:低い】状況下で、
『視野狭窄症』が起きている場合、リーダーは、
相手の状況理解度を聴いた上で、指示的行動によって
プロセスを軌道修正することができます。

しかし、『一人で突っ走ってしまい、周囲の状況を
省みない』という『視野狭窄症』が年齢が上の層で
起きている場合は、意図的なケースもありますので、
対応は慎重に進めることが必要になります。

もし、こうした状況が職場、チーム内で起きているとしたら、
個別に詳細をお伺いする必要があります。


このまま放っておくと、後で収拾がつかない事態に
なってしまいますので、お早めにご相談下さい。

私の方でお受けしている、プライベートレッスンが
良いかもしれません。

お待ちしております。

今回のニュースレターもお役に立てればとてもうれしいです。
それでは、また!

フジコーポレーション(株)
ファシリテーター:加藤


【2010年4月14日号】
この記事へのコメント
記事を拝見しました。

ですが個人的な思いは全く逆でした。記事では先走る考えを否定してまわりにあわせる。そんな風に感じました。でもそれは逆に言えばその人の個性を否定することになると思います。そうやって全員同じ意見になってしまったらその場はよくても先が続かないと思います。回りの意見と個人の考えを融合させることが上司の役目ではないかと思います。

部下は人であり物ではない。考え方なんてバラバラで当然。それを合わせてより良い方向に持っていくことがデキる上司だと思います。

記事の内容だと出る杭潰して終わりって気がします。
Posted by むしろ生かしたい at 2017年09月01日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37333394

この記事へのトラックバック
bnr_inquiry.png