2011年09月28日

木村尚三郎氏から学ぶ「時代を見る眼」

一昨日の26日(月)に、「時代を見る目」や、一人ひとりの「生き方」を
考える上で、大変興味深い講演を聴いてきました。

岡山に本社がある Benesse Corporation にて、Benesse Evening
University 特別編として、「福武会長が洞察するこれからの世界」と
題した講演です。

取締役会長の福武 總一郎氏のこれまでのさまざまな取り組みの
裏側にある意味や、そうしたものを生み出してきた自分の内面から
の想いという、これまでの講演ではあまり聴けなかった領域に踏み
込んだ貴重なお話でした。

福武会長のこれまでの取り組みに大きな影響を及ぼしたという
木村尚三郎氏の著書『「耕す文化」の時代』の中からいくつかの
一節が投影されました。これがなかなか深い一節ばかりでした。

今一度、考えさせられる含蓄あることばがそこに息づいていました。
木村尚三郎氏は、東大名誉教授で、著名な西洋史学者であり、
そして80年代半ば頃に「N響アワー」の司会をされていました。
さらには、まちづくり市民運動にも…とものすごくパワフルでかつ時代
を読む眼力がすごい方です。

上記書籍の出版は、1988年2月でしたが、この時期に、今読んでも
先見性があると感じられるほど、今の日本が立ち止まって向き合うべき
方向性への手がかりを示していると感じます。

わたしが探索した木村尚三郎氏のもう一冊の本「折り返し点からの
発想 日本の突破口は何か」…これも、今読んでもうなってしまう
なかなか先見性ある一冊です。

これからの日本が立ち返って考えるべきところを一人静かに考える上
では、ぜひ一読していただきたいので、中身はあまり紹介しないほうが
よいでしょう。

気になったキーワードだけすこし列挙しておきますので、内容を想像
してみてくださいね。

◆前進だけの時代は終わった
◆人の行く裏に道あり花の山
◆下り坂に迷う日本〜 志の不在と政治不信
◆「近代」の常識からの大転換
◆「高品質」より「楽しさ」を売る時代
◆伝統も自然も創造すべきもの
◆戦後五十年からの脱却−−−−戦国・江戸五百年の視野から

わたしたちが今一度見つめ直す原点があると感じました。

そして、福武会長の講演の後半は、世界と今の日本についてお話が
進みましたが、今一度、世界に目を向けた上で、その世界の中での
一つの選択肢としての日本という感覚を改めて感じることができる
機会となりました。

当日は、これまで福武会長が20年もの歳月をかけて取り組んできた
活動が、Iwan Baan氏 (2010年ジュリアス・シュルマン写真賞を受賞
した世界最先端の建築家とコラボレートしているカメラマン)の写真に
よって描かれた『Insular Insight: Where Art and Architecture
Conspire With Nature Naoshima, Teshima, Inujima 』の紹介も
行われ、Iwan Baan氏の特別講演も聴くことができました。

この『Insular Insight』 は、英文の洋書ですが、 Iwan Baan氏 に
よって撮影された写真があまりにもすばらしいため、わたしも当日
思わず購入してしまいました。

通常のアート本は、作品が羅列して映っているだけですが、この
『Insular Insight』でのIwan Baan氏の写真では、アート・自然・
住民・旅人・運営スタッフが渾然となって、見る人を想わず笑顔に
する力があるのがとても感動ものです。

当然ながら本の中身が見られるところはないのですが、一部だけ
風景的なショットが映っているデザイン誌のWEBがありました。
http://www.fontanel.nl/inspiration/insular-insight/

ご紹介した 「アート・自然・住民・旅人・運営スタッフが渾然と
なった」写真は、実物でぜひご覧いただきたい一冊です。

それでは、また来週!

フジコーポレーション株式会社
ファシリテーター(企業変革人材養成サポーター)
加 藤
posted by FUJICO at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 加藤のお勧め書籍

2011年09月21日

学びを行動に移し、成果に結びつけていく人がいます

この一週間は連日、それぞれの企業のこれからを担う若手リーダーの
皆様とご一緒させていただき、集合研修や、ファシリテーションサポート
によって、企業成長を担うためのスキルについてトコトン考え、行動し、
実践するサポートをさせていただいておりました。

わたしの場合はいつもそうなのですが、一緒に、現場の仕事そのもの
に伴走しながら、「何をするか」ということを担当者の方ご本人が自分
で考えて導き出せるようにお手伝いさせていただくことが多いですね。

実際に、若手リーダーの方が担っている職場に張り付いてサポートを
させていただくこともありますが、主体である若手リーダーの方が実際
に自分の行動によって状況を変えていくためのアドバイスを、サンド
イッチ方式(相談アドバイス→実施→相談アドバイス)のスタイルで
進めています。


集合研修だけで終わりというよりも、最近は、多くの企業様から、
集合研修によって学んだスキルを実際に職場で実践できているか
をフォローアップコーチング面談を通じて確認し、出来ていない場合
には実践できる個別アドバイスを行うところまでご要望いただくことが
多くなっています。

こうした傾向が、以前よりも多くなっているのは、経営トップの皆様
から、「実際に学んだことが出来る」人材を早急に育成したいと
いうご要望が増えているからだと感じています。

これまでの多くの研修では、30名程度の人数で実施することが
多いかと思いますが、実際に、あるテーマを学び、理解し、実際に
行動して成果を生み出せるようになるリーダーを一人でも増やす
には、一人ひとりの思考行動特性やEQ特性を踏まえながら、
実際にご本人が直面している職場課題の解決に伴走し、それを
どうやって解決していくか…までサポートできるスタイルが最も効果
があがりますね。


企業内でのそうした個別の取り組みがご予算の関係で進まない
こともあると思いますが、最近は、ますます、個人でのマンツーマン
個別サポートへのお申し込みも多くいただくようになっています。

これは、日本経済が本当に衰退に向かいつつある中で、自分を
成長させていかなければ生き残れないという個人としての強い想い
をお持ちの若手リーダーの皆さんが多いことの現れだと感じています。

本当にこれからの5年間はすさまじい時代になると想います。
皆さんも一緒にこのすさまじい時代を生き抜いていきましょう!

フジコーポレーション株式会社
ファシリテーター(企業変革人材養成サポーター)
加 藤

------------------------------------------------------------------------------------------------
自分自身のリーダーシップスキルをアップするプライベートレッスン
http://i-leader.jp/private.html
------------------------------------------------------------------------------------------------

2011年09月14日

リーダーとして自分を活かす「4つのQ」

先週は、「リーダーシップ」について論じる際に、必ずと言っていいほど
引用される(GEを飛躍させた)元CEOジャックウェルチ氏のフォーリーズ
(4つのE)という観点についてご紹介しました。

この「フォーリーズ」は、トップマネジメントを行う上で不可欠な観点
ということなのですが、もちろん、細部のチーム運営や、部、課レベル
においてでも参考になるスキル、ノウハウです。

さらに詳しく知りたいという場合は、ジャック・ウェルチ氏の「リーダーシップ
4つの条件」をぜひ読んでみてくださいね。

http://amzn.to/nNRbp9

さて、今日は、この「フォーリーズ(4つのE)とは別の、「4つのQ」
について、ご紹介したいと思います。

この「4つのQ」というのを、お聞きになったことがありますか?

この4つの「Q」とは・・・

 IQ (Intelligence Quotient):知能指数

 EQ (Emotional intelligence Quotient):心の知能指数

 PQ (Physical intelligence Quotient):身体的知能指数

 SQ (Spiritual intelligence Quotient):精神的なインテリジェンス

の4つの「Q」です。


これは、スティーブン・R・コヴィー博士の著書『第8の習慣(The 8th
HABIT:From Effectiveness to Greatness)』(キングベアー出版)に
も書かれています。

上記の前著 『7つの習慣(The Seven Habits of Highly Effective
People)』でも、感情のコントロール力は人の成功を大きく左右すると
いうことを「刺激→スペース→反応」というプロセスを提示しながら力説
されていました。


この続編でもある『第8の習慣』では、上記の<スペース>の部分を、
【選択の自由】という表記にして、私たち自身の選択によって、自らを
創り上げるということを、より強く強調しています。


この「4つのQ」のIQ、EQは、これまでご紹介してきましたので、何となく
イメージできるかと思います。

3番目のPQ(Physical Intelligence Quotient):身体的知能指数と
いう言葉は、恐らく、皆さんは初めて聞かれるものだと思いますが、
どのようことをイメージするでしょうか?

『第8の習慣』の中では、身体は常に環境を精査し、病んだ細胞を取り
除き、適切な全体バランス状態で生存するために、適切なタイミングで
適切な動きをしている全体システムだとしています。

私も、20代の頃は、猛烈に激しい仕事をしながら身体のメンテナンス
をせずにいたため、身体を壊すほどの状態に何度も陥りました。

そのため28歳頃からは、激しい仕事をするにしても、それ以上に身体
のメンテナンスをしていかなければ全体としての成果を生み出すことは
できないということを痛感し、身体のメンテナンスについて試行錯誤し
続けてきました。

健康作りのためのさまざまな運動、体操、ストレッチ、リフレクソロジー
などいろいろ試しました。

その結果、6〜7年ほどかけて、自分の身体に合った健康増進法を創り
出しました。

今では、毎朝20分〜30分ほど、身体運動を行い、調身・調息・調心
を行った上で、一日をスタートするというサイクルを、もうかれこれ、
15年ほど続けています。

こうしたこともあり、PQ(Physical Intelligence Quotient)について
は、痛い思いをした経験を活かし、日々意識して取り組んでいます。

身体の調子が整っていることで、内側からエネルギーが沸き上がり、
最善の方法やアイディアなどが浮かぶものです。


皆さんの健康管理、健康増進はいかがですか?

IQやEQが高くても、PQが伴わなければ、結局、行動が伴いません
ので、結果としての成果が生まれません。

これは、私自身が、若くしてリーダー業務を担当した際、激務に追わ
れて、何も自分の身体をメンテナンスせずに、体調を崩してしまった
苦い経験から、到達した境地でもあります。


皆さんがご指導されている若手リーダーの方へも、ぜひ
このPQの重要性についてもお話いただけましたらと思います。

最後のSQ (Spiritual Intelligence Quotient):精神的なインテリ
ジェンスについては、まだ、深い議論がなかなかビジネスの場面でなさ
れることは少ないかもしれません。

わたしは、このSQは、これまでもお伝えしてきました「EQ」の中に
すでに含まれている要素であると感じています。

実際、『第8の習慣』の中で、コヴィー博士も、次のように語っています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

ロバート・クーパーやダニエル・ゴールマンのEQに関する著作や講演
からも私は多くを学んだ。

二人のアプローチはいずれも調査に基づいていて、包括的である。

なお、彼らの言うEQには私が言う精神的インテリジェンス(SQ)の
要素も含まれている。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本ではまだ説明できる言葉として整理されたものが少なく、適切な
説明がなされていないのですが、まとめて表現すると、「豊かな広い心
と視野を持って生きることや、自分の行動に意味を見い出し、よりよい
方向性や行動を選択していくスピリット(精神)」というような感じで
しょうか。


EQの中の精神的な部分を抽出して、取り上げたような印象が、私の
中にあります。

弊社でご提供しているEQI(EQ行動特性検査)では、EQを発揮した
行動量を診断して自己の現状と目指す目的へのプロセスを考えていく
ツールとしてご好評頂いていますが、このEQI では、『私的自己意識』
『社会的自己意識』という素養をはじめ、上記のSQの観点を、現在の
行動量から診断し、目指す目的・目標への実現プロセスの道筋を知る
ことができます。


今回は、4つの「Q」を取り上げましたが、これをヒントに、皆さんの
上半期の最終月であるこの9月に、再度、自己を振り返ったり、
下半期の10月スタートから、皆さんが指導されている若手リーダーの方の
目的・目標実現への方法を手に入れて頂ければと思います。

これまで多くのリーダー初心者の方や若手リーダーのトレーニング、そして
カウンセリングを行ってきていますが、皆さん、同じ“壁”にぶつかっています。

今回、その多くのリーダー初心者や若手リーダーが直面している その“壁”と
その克服法について、プチ解説をさせていただいたセミナービデオを作りました。

皆さんの周りで気になっている、今年度、リーダーになったばかりで、
メンバーの力をうまく引き出せずに困っている…そんなリーダー初心者や
若手リーダーの方に、このプチ解説セミナーをご覧いただくと、きっとお役に
立てることと思います。

http://www.i-leader.jp/leadercheck.html?tc=ml

皆さんにもご覧いただけたらとても嬉しいです。
ぜひご感想を聞かせてくださいね。


フジコーポレーション株式会社
ファシリテーター(企業変革人材養成サポーター)
加 藤
posted by FUJICO at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | リーダーシップ論

2011年09月07日

ジャック・ウェルチ氏のフォーリーズ(4つのE)

早いものでもう9月です。今年もあと4ヶ月を残すところとなりましたね。

さて、これまでもリーダーシップについてお話してきましたが、
今日は、その「リーダーシップ」について論じる際に必ず引用される、
GE(General Electric)を飛躍させた、元CEOジャックウェルチ氏
のフォーリーズ(4つのE)という観点についてご紹介してみましょう。

彼の著書なども出ているので、ご存じの方もいらっしゃると思います。
彼の著書を読まれて、すでに、研究、実践されているかもしれませんね。


このジャック・ウェルチ氏の提唱する、フォーリーズ(4つのE)では
世界企業を牽引するトップリーダーには、このくらいのレベルのことは
すべて実践できなくてはならない・・・という感じでお話が進みますが、
すべてのリーダー層の人がこうあるべきとなると、なかなか大変です。
実際どうしたらそうなれるのだろう…と思ってしまう方も多いようです。

これは、フォーリーズ(4つのE)に限らず、多くの「リーダーシップ論」が、
“トップリーダー”に向けたものが多いため、まだそこまでのレベルに
達していないリーダーにとっては、非常にハードルの高いものと感じて
しまうのは致し方ありません。

このフォーリーズ(4つのE)において、すべて、それに示されている
ように『行動』することを求められていますが、その『行動』に移すため
根源になっているのが、実は『感情コントロール力(EQ)』なのです。

この『感情コントロール力(EQ)』の観点から見ていくと、例え、
トップリーダーでなくても、どの階層のリーダーであっても、自分を
振り返るヒントを見出すことができます。

では、このフォーリーズ(4つのE)の最初の【Energy】について
見てみましょう。

これは、リーダーたるもの、メンバーに影響を与えていこうとするので
あれば、まず、自らがエネルギッシュで活力に溢れていることが不可欠
であるということを求めている最初の「E」です。

実は、このエネルギーや活力が内側から出てくる状態については、
EQI(EQ行動特性検査)診断を通じて、「セルフ・エフィカシー」、
「気力充実度」、「楽観性」という3つの素養から現在の行動量を
確認することができます。

「セルフ・エフィカシー」というのは、自分の知識・能力への自信、
物事への肯定的な見方をしている行動量を見るものです。


「気力充実度」は、物事を成し遂げようとする意志を発揮した行動量を
見ています。自分の良い面も悪い面も自分である・・・という自分全体
に対する信頼感を持てる状態になっているかどうかが分かります。

「楽観性」では、どのような状況のときも、物事の否定的な側面よりも
肯定的な側面に注目する思考行動量を見ています。失敗を引きずること
なく、そこから学び、前に進む行動が見られるかどうかが分かります。

特に、リーダー初心者の場合は、担当者として活躍してきた背景から、
業務上の知識は豊富で自信があるにもかかわらず、リーダーシップに
ついての知識・スキルは不足しているので、この「セルフ・エフィカシー」
の観点がどのような行動量として現れてくるかを注視します。

行動量が多く出ている場合と、少なく出ている場合ともに、その他の
素養との関連において、現在のリーダーとしての状況を読み解くことが
でき、今後、何が必要なのかが分かります。

「気力充実度」、「楽観性」においても、診断時点の行動量がどのような
背景から生じているのかを、自分で振り返ることができれば、現状を
転換させていく手がかりが分かります。

このように、経営者レベルのトップリーダーのリーダーシップ要件と
して示されている項目についても、その背景にある基礎的な要素を
分解整理して確認することで、リーダー初心者であっても、どのような
点に着目し、何から始めていけば良いのかのヒントを得ることができる
ようになります。

そして、フォーリーズ(4つのE)の残り3つの項目は、

【Energize】

リーダーである自分一人が元気でも、周りを消沈させたり、迷惑を
かけるような言動ばかりしていては、チームは低迷しますから、メンバー
を「元気づける」「励ます」…この【Energize】も大切な要素になります。


【Edge】

決断し前に進まなければならない時に、一部の人や状況に影響を
及ぼしてしまうことに躊躇して決断できないということにならないように、
タフな決断をタイミングをはずさず果敢に行うことになります。実行には、
かなりハードルが高いことですが、リーダーに必要な要件になります。


【Execute】

決断し、前に進んだ以上、途中で投げ出さず最後までやり抜くこと。
これは、上に立つ人にとってはとても重要なことですね。厳しい状況に
陥った際、リーダーが真っ先にどこかへ行ってしまった・・・では、
チームは機能停止してしまいますし、誰も、そんなリーダーにはついて
行かないですよね。

上記のフォーリーズ(4つのE)項目についても、それぞれ、EQIの
素養から行動量を見ることが可能ですが、1つずつ解説していくと、
このメールだけでは収まらないので、また別の機会にお伝えしたいと
思います。


様々なリーダーシップに関する情報も、自分が今、向き合っている状況
を元に、何が自分にとって必要なのかを見極めてくことが、自分のリーダー
としての具体的なアクションにつながってきます。

リーダーシップに関する本を読んだり、セミナーや講演などで、「いい
話を聞いた」「面白い話だった」だけで終わらせてしまうと、もったい
ないですので、自分の状況に当てはめて、考えていくという学び方を
していくことで、リーダーとして飛躍的に成長できると思います。

今回、新たにリリースした「リーダーシップ基礎力診断プログラム」でも
そうしたことが確認できます。一度ご覧いただけたら嬉しく思います。

http://www.i-leader.jp/lbp.html?tc=ml
〜今なら、【期間限定】特別価格で受診できます♪〜
   

フジコーポレーション株式会社
ファシリテーター(企業変革人材養成サポーター)
加 藤
posted by FUJICO at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ論

リーダーシップ診断 Q&A

先日のニュースレターにて、リーダーシップ基礎力診断プログラムの
先行告知を行いましたが来週の月曜日、9月5日(月)に一般公開、
正式リリースとなります。

先日は、このニュースレター読者の方限定のお知らせでしたが、
そんな中、この診断プログラムに関するご質問を何件か頂きました。

もしかしたら、同じような疑問、ご質問をお持ちかと思いまして、
今日は、その頂いたご質問と回答を共有したいと思います。


【Q】リーダーシップ基礎力診断ということですが、「基礎力」という
ことは、この先に「応用編」や「上級編」があるということでしょうか?

【A】はい、弊社には、初級、中級、上級と身に着けるべき、リーダー
シップ力を養成するためのサポートプログラムを用意しています。
ビジネスシーンで対峙する課題や状況に応じて求められるレベルが
変わってきます。しかし、重要なのは、今自分が対峙している状況
においては、何が必要なのかを見極めることです。
そのため、今回の「リーダーシップ基礎力診断プログラム」では、今後、
皆さんが、さまざまなビジネスシーンで、リーダーシップを発揮していく
上で、自分を高めていけるかどうかの最初の道しるべを示すものになります。
もちろん、その後の研修プログラムの受講を強要するものではありません
ので、ご安心下さい。結果を踏まえて、ご自身でご判断下さい。


【Q】リーダーシップ基礎力診断プログラムに興味があるのですが、
全部でどれぐらいの時間がかかりますか?また、毎回、出向かないといけ
ないのでしょうか?

【A】まず最初に、2つの検査を受けて頂くのですが、こちらはインター
ネットを通じてパソコン上でお答え頂くだけですので、会社やご自宅で
簡単に受診することができます。
検査時間は、2つの検査で合計約30分程度で終了です。
その後の面談による問診に関しては、弊社、赤坂オフィスのカウンセ
リングルームにて、約90分間行います。こちらは1回です。
首都圏から遠方にお住まいで、どうしても東京までお越し頂けないと
いうことであれば、Skype(無料のインターネット電話)での問診もOK
です。こちらの場合も、90分間です。

この検査、問診の結果を分析して、皆さんが今後、リーダーシップ力
を高める上で必要な観点についてご紹介致します。(診断結果表を納品
致します)



【Q】リーダーシップ基礎力診断プログラムの説明の中で「担当者時代
とリーダーになってからの問題解決の方法が異なる」ということでした
が、具体的にはどこがどう違うのでしょう?これが、リーダーシップ力
を高める鍵だと思っているのですが・・・

【A】はい、まさに核心部分ですね。
担当者時代にうまくいった自分の仕事の進め方を、リーダーになって
からも同じようにチームメンバーに教えてやろうとしても、なかなか
自分と同じ成果が出ないということがありませんか?
「何故だろう?」と思う方も多いと思いますが、それもそのはず、
チームメンバーの方は、“あなた”ではないからです。
リーダーとしての問題解決は、“メンバーのアクションを通じて実現する”
ということが、担当者時代と最も異なる点です。そのためには、部下
やメンバーの特性を「理解して活かす力」が不可欠なのです。
例えば、メンバーの特性によって、行動を起こさせるポイントが異なります。
メンバーの思考特性や行動特性を理解して、適材適所に配置し、
その役割を果たしてもらうようにアレンジすることが求められるのです。
そのためには、まず自分自身の思考特性、行動特性を知り、自分がどう
いうタイプなのか、どういう思考や行動をとりやすいのかを理解すること
が、部下やメンバーへの理解へとつながっていき、リーダーシップを発揮
することができるようになります。
今回の「リーダーシップ基礎力診断プログラム」は、皆さんのそうした
特性を知り、今後どのようにリーダーシップを発揮していったらよいか?と
いう観点についてごアドバイスするものになります。


以上、いかがでしたでしょうか?

この他にもまだまだたくさんのご質問を頂きましたが、個別のご質問も
ありましたので、今日は、共通して多かったご質問をご紹介致しました。

個別のご相談については、プログラム内の問診の時間に、いろいろと
ご質問頂ければ幸いです。

今回の「リーダーシップ基礎力診断プログラム」は、今なら期間限定で、
28,150円のところ、19,800円で受診頂けます。

この受診料には、

■事前検査

 1. 「効き脳診断BRAIN」

 2. 「EQ発揮行動度診断(EQI)」


■面談による問診&分析フィードバック

 1. 「チーム・組織の課題を遂行させる考動」についての問診

 2. 「チーム・組織を活性化させる考動」についての問診

 3. 効き脳診断BRAIN、EQIの診断結果の読み方解説

 4. 事前検査結果と問診を考慮した分析フィードバック&質疑応答


が、含まれています。


来週には、プログラムの一般公開を致しますので、一気に多くの方の
診断ができませんので、問診をご予約いただける日程が先のほうに
なってしまう可能性があります。

できるだけ早い時期に自分のリーダーとしての課題を確認して取り組み
を始めたいという場合は、お早めにお申し込み頂くことをお勧めいたします。

リーダーシップ基礎力診断プログラムの内容はこちらで確認できます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.i-leader.jp/lbp.html?tc=ml


ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。


フジコーポレーション株式会社
ファシリテーター(企業変革人材養成サポーター)
加 藤
タグ:ri-da-sippu
posted by FUJICO at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー必携スキル
bnr_inquiry.png